スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ペットランキング



スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

報告 ~7歳の誕生日を前に~

今日、4月28日はバディの誕生日。しかし・・・






毎日のように報道される震災の悲惨な被害状況を見てあまり記事を書く気にならなかった3月。

それ以前に書いていた記事も出しそびれて下書きしたまま放置。でも相変わらずバディは元気でした。



11040603.jpg
庭の白いライラックもきれいに咲き出した。





4月になって環境が変わったBP家。

11040601.jpg
新しいボーン




一番環境が変わったのはバディ。



今までは、アメリカでも日本に戻ってからも、長時間一人で過ごすことはなかった。

それが4月になった途端、朝から夕方まで庭で一人で過ごすことになった。
(家の中だとトイレを我慢するので、留守番が長時間になるときは庭で過ごす。)

朝出かける飼い主BPの格好(服装)で、なんとなく一緒に出かけられないのは感じてはいたようだけど・・・


11040602.jpg
留守中はこんな↑風にボーンをガジガジとかしてたのか・・・



だから、夕方飼い主BPが帰ってきたときの喜びようはそれはそれはもうすごいものだった。






ところが、その日は違った。




















飼い主BPが帰ってきたのに寝そべったまま動かない。
視線だけはこちらに向けるが体はそのまま。

明らかに様子がおかしい。

家から車で5分とかからない病院に急いで電話して、先生に来てもらう。
間も無く来た先生がおなかを触りながら一目見て、「すぐ手術します」と・・・









胃捻転だった。



脈も弱って体温も低下しており、危険な状態だった。

手術自体はそんなに難しい手術ではないらしく、一応成功して脈も強くなって呼吸も戻った。

だけど、かなり弱っているのでバディ自身の回復力次第ということだった。



飼い主の呼びかけにも反応してちゃんとこっちを見てる。呼吸もちゃんとしている。

部屋を温かくして点滴を打ちながらの入院。

癲癇と股関節は悪いが、高齢で体力的に弱っているという訳ではないのでたぶん大丈夫だろうと言う獣医師の言葉を信じて9時過ぎに帰宅。




それから1時間ちょっと経った頃だったろうか、病院から電話。










2011年4月13日夜10時頃、バディは逝った。








2、3ヶ月くらい前だったか、涎をたらしながら家の中をウロウロしたことがあった。吐きたそうにしていたけど家の中だからかなかなか吐かなかった。庭に出してやるとしばらくして吐いた。
吐いた後は元通り、何事もなかった。




12日の晩も同じような感じだったので、すぐに庭に出してやった。
でも、吐きたそうにしているのになかなか吐かなかった。(食いしん坊だからか、口まで戻しているのにまた飲み込んでいる感じもあった。)
で、結局、吐かず終い。水は飲んだ。


次の日(13日)の朝、いつもの足取りで庭に出た。

前の晩と同じように、吐きたそうにウロウロしたり座り込んだり・・・

いつもと違ったのは、朝ごはんを食べなかったこと。
ご飯を食べないなんて、今までで1度だけ。
2、3ヶ月前の吐く前のときだけ。


今回もそのときと同じように、そのうち吐いて元通りになれば食べるだろうと庭に置いて出かけた。

しかし、夕方帰宅したときもご飯は朝のままだった。




胃捻転の知識はあった。
常に食後3時間は運動させないように気をつけてきた。


なのに、なのに・・・・・・


ごめんね、バディ。

苦しかったろう。




前の日に、いや、せめてこの日の朝、病院に連れて行っておけば・・・

ごめんね、バディ。


悔やんでも悔やみきれない。
毎日、そのことばかり考えてる。



4月から家を出て一人暮らしを始めたKANに「ちゃんと面倒見るけん」と約束したのに・・・


すまん、KAN。



11041301.jpg


『シェパ犬バディの成長の記録』としてスタートしたこのブログ、主人公がいなくなっちゃいました。





人気ペットランキング



スレッド:ペットの健康・病気・怪我|ジャンル:ペット
今日のBuddy | 【2011-04-28(Thu) 22:42:51】 | Trackback:(1) | Comments:(36) | [編集]

コメント
さようなら、バディ君、、。
ブログを通して君に会えたよ。 いろいろなバディ君の仕草や表情が楽しくて、面白くて(座布団を枕に寝ていたり)、、吠えちゃう所も我が家のゼウスと一緒でとても親近感があったよ。
虹の橋の向こうで大好きなボールを追いかけて走り回っているバディ君を思います。 
ゼウスもいつかは虹の橋に向かうけどそうしたらお友達になってね。

バディパパさん、大変でしたね、、、かける言葉がありません。 私自身実感がわかないのでBPさんは尚更ではとおもいます。

バディ君はBPさんがパパで幸せだったと思います。 BPさんご家族とアメリカへ行って、また日本へ戻ってきて、、。 いつも家族と一緒だったんですもん。 
どうか御自分を責めないでください。 胃捻転のリスクはシェパ飼いの宿命のようなものです。 BPさんの責任ではないんです。 
バディ君を知ることが出来て本当によかった。 私はバデイ君の思い出を大切にして生きたいです。
2011-04-29 金  07:12:42 |  URL | ゼウスママ #m78dHJsI [編集]
なんて声をかけてよいのか…
訓練所で預かってもらってる間以外はずっとパパと一緒に生活することができバディ君、幸せだったと思います。
お薬の効果もあって発作もなく、穏やかに過ごせたのではないでしょうか。
私自身、過去に胃捻転で愛犬を亡くしています。
思い出すたびに胃を鷲掴みにされたような状態になります。
でも、でも…
どうか、ご自身を責めないでください。
バディ君も辛くなります。

バディ君のご冥福をお祈り致しております。
2011-04-29 金  16:31:15 |  URL | ガブッチョママ #J56ENxUI [編集]
驚きました。

バディ君のお誕生日、昨日だったのに
お祝いコメントが遅くなっちゃった・・ と思って
ブログにアクセスしました。
そして「あっ! 更新されてる~♪」と思って、それで読んでいって・・・ 
もう呆然としてしまって すぐにはコメント書けなくて、
夜になっちゃっいました。

バディ君。
うちの犬とあまり年が変わらないから
(うちのは10月で7歳になります)
一緒に年を重ねていけると思っていたのに・・。

発作はずっと起きていないから
股関節のことだけ心配していたのに・・。

うちの犬よりずっと大きな体なのに
うちの犬の何倍も甘えん坊さんなのよね。
BPさんのそばを離れられなくて
BPさんの車が大好きで・・・。

小型犬にもガウって
BPさん困らせちゃって・・・。
ご飯が大好きで いつも完食で・・・。
ボーンをかじっている写真 恍惚としていて・・。
そんなバディ君の全てが ワタシは大好きでした。

ブログを通して バディ君に知り合えたこと、
とてもとても感謝しています。
暖かなバディ君ご一家の生活を垣間見られたこと、
特にアメリカでの生活はとても楽しく読ませていただきました。

今日はうちの犬との散歩のときに高台に上り、
西の空を眺めて拝んできましたよ。 
遠く横浜からバディ君のご冥福をお祈り申し上げます。





2011-04-29 金  19:42:59 |  URL | おぼっちゃま犬のママ #HdxhGpc2 [編集]
何と申し上げていいのか、言葉がみつかりません。
BPさんのお気持ち、お察し申し上げます。

胃捻転は本当に怖いです。
ルビーも経験者ですし、友人のシェパ達もたくさん発症しています。
BPさんも気をつけていらっしゃったでしょうし、もちろん私も友人達も気をつけていました。
それでも発症してしまう。。。
早く原因が何であるのか、解明されることを切に願っています。

バディ君、とても安らかな表情ですね。
きっと、幸せな犬生だったんだと思います。
これからは風になって、BPさんやKAN君のそばにいてくれますよ。
ご冥福をお祈りいたします。
2011-04-30 土  14:14:05 |  URL | kao #- [編集]
今朝・更新されてるかな?って覗いて
うぉっ久しぶり~って

ニコニコしながら・・・号泣となりました

コメント・お悔やみ打てるのに夕方になっちゃいました・・・でもまた涙が・・・

安らかなお写真に救われます
本当に幸せな犬生なのだと思います

悔まれる事は沢山考えちゃうとは思いますが
どうか、ご自分を大切に・時間とともに笑顔が戻りますように

虹の橋で家のとガウガウ競争してるかな?
バディーに画面上だけでも会えて良かったです。愛犬を失った穴ぼこを埋めてくれてありがとう、ずっと忘れないからね。合掌
2011-05-01 日  17:10:32 |  URL | 瀬菜花 #- [編集]
初めてこのブログを拝見したとき15年前に8歳で☆になったうちの子が生き返ったのかと思いました。そのくらいそっくりなんです。うちの子は山口県のとある警察犬訓練所で譲り受けたのでどこかでバディ君と血のつながりがあったのかもしれません。バディ君が本当に語っているかのようなチャーミングな九州弁、ちょっと流し目の表情、すべてが大好きでした。パパさんのバディ君に対する深い愛情を感じるたびにわたしももっともっとうちの子をかわいがることができたのではないかと自己嫌悪になったりもしました。
悲しみが癒えるのには時間がかかると思いますがバディ君は絶対幸せだったはず。それだけは忘れないでくださいね。
2011-05-02 月  15:54:42 |  URL | バディ君先祖のママ #- [編集]
PCの前で、うそでしょう?と言ったまま、
しばらく呆然となっていました。
悲しくて、涙が止まりません。
BPさん、そしてご家族の悲しみを思うと・・・胸が苦しいです。
私も愛犬を四年前に亡くしました。
かなりの大型犬でした。
最後の半年はまったく身動きが出来ない状態で、
家族の後をついて回るのが何より好きな子だったので、
とても可哀想なことをしてしまったと、
今でも後悔の思いでいっぱいになるときがあります。
愛犬君が虹の橋に行ってしまってから、
私も毎日泣いていました。
この深い悲しみはもう一生消えないのだろうと思っていました。
悲しみは、完全には消えないのかもしれないけれど、
様々な想いが去来してとてもおつらいと思うけれど、
でも笑顔でバディ男くんを思い出せる日も、
いつか必ずやってくると思います。
慰めにしかならないと思っていた「時間の経過」が、
とても大切なのことなのだということも知りました。
いっぱいいっぱい泣くことも必要でした。

バディ男くん、幸せだったと思います。
愛し、愛されて、沢山の人に沢山の幸せを与えて、
地上での役目を全うして終えられたのだと思います。

もしかしたら今頃は、私の愛犬君と一緒に、
虹の橋の野原を元気に駆け回っているかもしれません。
「バディ男~、駆けたるで~、ついてこいや~!」
「なにぬかす~、お前こそついてこいや~!」と。


バディ男くん、沢山の笑顔をありがとう。

2011-05-03 火  18:19:55 |  URL | 風子 #- [編集]
何度もこのブログを開けては、胸が詰まって一文字も打つことができず、ブログを閉じていました。「ブログの主人公がいなくなっちゃいました」という言葉に涙が止まりません。
私は前の犬を16歳で亡くしました。犬の年齢を考えると十分長命でしたが、それでも、いまだに「ああすればよかった」「こうしてやればよかった」と後悔の念に苛まれています。「星守る犬」という漫画に、犬を亡くした青年が「もっと、散歩に連れて行ってやればよかった。もっと電柱の臭いをかがせてやればよかった。」と泣くシーンがありました。犬を亡くした飼い主の想いは皆同じなのだと思います。
我が家のシェパはもうすぐ3歳です。シェパを飼う前からこのブログを読ませていただき、いろいろ教えていただきました。犬ブログなのに、アメリカ生活やお子様方の成長、お菓子、お酒など、話題が豊富で更新が楽しみでした。
ありがとうございました。
間違いなく、バディ君は幸せでした。パパさんもKAN君も、素晴らしい飼い主でした。
2011-05-03 火  23:55:03 |  URL | kei #- [編集]
更新されているって思ったら、思わず声を出してしまいました。
病気をしていても、お薬と上手く付き合って長生きをしていかれると思っていました。
思う事は色々とあるかと思います。でも、バディくん、パパさんたちと一緒で幸せだったと思います。
どうぞ、安らかに。
ご冥福をお祈りします。
2011-05-04 水  13:13:38 |  URL | えくぼママ #- [編集]
初めまして、でも、アメリカへ行く前から覗いてます。私も最初のシェパを胃捻転で亡くしました、今はいなくてどうしてもシェパを飼いたいのですが、主人がダメって!で、毎日、ブログ見て嬉しい気持ちにさせてもらってました。読んで涙があとからあとから止まりません、パパさんの気持ちよくわかります、うちのシェパの時と全く同じです、でも私は胃捻転の知識は全くなかった、6歳と3日でした、そのあと2回飼ったのですが、事情があり今はいないです、バディ君が亡くなったのは悲しくて悲しくて寂しいですが、立ち直るのに3ヶ月くらいかかりますが、許せるものならどうぞまた飼って下さい、絶対、
バディ君もそれを願ってると思います。
寝てるみたいに安らかですね、
私も言われました、バディ君はパパさんのところにきてきっと物凄く幸せだったと思います、だから自分を責めないでください。
元気だして下さい、怪我をしないでください、事故を起こさないでください、私もそうだったから、
ご冥福をお祈りします。
2011-05-06 金  20:36:58 |  URL | zackmama #jiMqiovo [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-05-06 金  22:10:05 |  URL |  # [編集]
> ゼウスママさん、ガブッチョママさん、おぼっちゃま犬のママさん、kaoさん、瀬菜花さん、バディ君先祖のママさん、風子さん、keiさん、えくぼママさん、zackmamaさん、鍵コメさん、

有り難いたくさんのコメント、本当に感謝します。
ありがとうござました。

それから、お花を届けていただいた皆様、ありがとうございました。

バディがいなくなって明日で4週間です。
ゴールデンウイークにはKANも帰ってきて墓参りに行きました。

命あるもの、いつかはその時がやってくるのは当たり前。
頭では理解していましたが、まさかこんなに早くやってくるとは思いもしませんでした。
「本当はもっと長生きできたはず。なんであの時気付かなかったのだろう」と後悔ばかりですが、皆様のコメントで救われてます。

本当にありがとうございました。
2011-05-10 火  23:54:36 |  URL | BP #- [編集]
長らくご無沙汰していまして、今日、読ませていただきました。涙が出ます。バディパパさん、自分を責めないで下さい。バディオ君は最後まで幸せだったはず。
2011-05-16 月  01:23:57 |  URL | 梅将ママ。 #- [編集]
コメント、ありがとうございます。
おっしゃるようにバディは幸せだった、短いけど濃い犬生を送れたのかなあと思うようにします。
2011-05-18 水  17:01:43 |  URL | BP #- [編集]
何年もの間、ブログを楽しみに過ごしてきたバディ大ファンの一人です。

バディを幸せに育ててくださってありがとう。

ブログの中のバディオ君の表情がバディオ君がどんなに愛情深く生きてきたか表現されていると思います

バディオ君の代わりにありがとうと私は言いたいです。
2011-05-29 日  08:51:41 |  URL | ディオのお姉さん #- [編集]
こちらこそありがとうございます。
こんな大したこともない犬ブログを温かく見守っていただいて感謝しています。
2011-05-31 火  10:59:56 |  URL | BP #- [編集]
久しぶりに 訪問させていただいたら バディ男君が お星様になったというニュースに ただただ涙がでるばかりで 今は言葉がみつかりません。

さよならでは ありません。  また会うその日まで。  バディ男君は いつもBP一家を見守っています。  

うちのも双方年をとってきて そう遠くない日に一時の別れの日が来ると思います。  でも 犬がそばにいる生活 人生を知ってしまった今 犬が居ない生活 人生なんて ありえない状態です。 

しばらくは 喪に服されることと 思いますが バディ男君のためにも ゆっくりと一歩を踏み出されることを祈っています。  ジャーマンシェパードほど soulfulな瞳を持った犬はいません。  またsoulfulな瞳に出会えますように。

心からご冥福をお祈りいたします。 

 

   
2011-05-31 火  21:27:48 |  URL | ilife320 #GRjdc/7Y [編集]
ありがとうございます。
ilife320さんには、犬飼い初心者の私にいろいろとアドバイスをいただき本当に感謝しています。

M&Hがいつまでも健康でいられますように!!
2011-06-03 金  10:32:38 |  URL | BP #- [編集]
アメリカから帰国されても、薬と上手く付き合いながらも楽しそうにしているバディ君の様子に、カリフォルニア犬飼い仲間としても楽しみであると同時に、安心していたのですが、今回の出来事になんとお声かけしたらよいやら・・、お気持ちよく分かります。
心より、心より、ご冥福をお祈りします。
2011-06-05 日  01:13:50 |  URL | P #- [編集]
ありがとうございます。
SENAちゃんやSPIAちゃんをはじめいろんな方のブログのワンコ写真を眺めて少しずつ癒しを戴いています。
2011-06-07 火  16:45:04 |  URL | BP #- [編集]
しつけ教室で数年前にバディにガブッとやられたカイのママです。時々このブログを見て楽しんでおりましたが、久しぶりに見てみると…悲しい出来事にとても驚きました。BPさんご家族の悲しさ、悔しさはとてもよくわかります。私ももう何度も愛犬の死を経験しましたから。でももう亡くなってから2か月が過ぎました。人間?でいうと49日が過ぎて仏様になるころです。ご家族がいつまでも悲しんでいるとバディは気になって仏様になれませんよ。バディはご家族に愛されてとても幸せだったと言っています。そろそろ解放してあげましょう。そしてまた新しい家族を迎えてバディにしてあげられなかった分(ないかもしれないけど)も愛情そそいであげていただきたいです。今度は黒ラブなんてどう?なんて。カイは相変わらず元気いっぱい、様子はしつけ教室のHP見てみてくださいね。そしてまたしつけ教室に遊びにきてくださいね。
2011-06-15 水  21:34:33 |  URL | カイママ #- [編集]
コメント、ありがとうございます。
その節はバディがとんでもないことをやらかしてすいませんでした。
生きとし生けるものはいつかは・・・なので、もうバディの死は受け入れてます。(後悔はありますが・・・)
もう、大丈夫です。
2011-06-18 土  15:51:09 |  URL | BP #- [編集]
はじめまして。
バディ君が若犬の頃、毎日本当に楽しみに彼の笑顔を覗きに来ておりました、ファンの一人です。
ブログを覗いてるだけで、彼の可愛らしい姿や仕草に愛おしさを感じました。
一緒に暮らしたご家族の皆様の悲しみは、計り知れないものと思います。
残念です。
心よりお悔やみ申し上げます。
ありがとうございました。
2011-07-07 木  10:12:04 |  URL | ももち #- [編集]
はじめまして。コメント、ありがとうございました。
そして、返事が遅くなり申し訳ありません。

あんなガウ犬のファンだなんて言って頂いて・・・
ありがとうございます。
2011-07-11 月  14:05:23 |  URL | BP #- [編集]
 はじめまして。大変遅くなりましたが、心よりバディー君のご冥福をお祈りいたします。
去年 愛犬が癲癇の発作を起こしまして、大慌てで癲癇について調べている時にバディ君に辿り着きました。 バディ君の元気な姿にこちらも勝手に安堵させて頂いておりました。
バディ君 ほんとに今までありがとう。しばらくあちらでゆっ~くり休んで、休みにも飽きてきたら、またBPさんとこに生まれ変わってお伺いせんばヨ~。。。バイバイ。。。
2011-08-11 木  23:13:34 |  URL | めんたい #P9DdF4dI [編集]
コメント戴いているのに気付かなくてすいませんでした。そして、ありがとうございます。
愛犬くん(ちゃん)の癲癇の発作が治まると良いですね。
2011-08-17 水  14:19:07 |  URL | BP #- [編集]
はじめまして。実はずっと読み逃げしておりました。私たちは3年間アメリカのミシガン州アナーバーに住んでおりました。日本からGシェパードとバーニーズの2人を連れ渡米。バーニーズが向こうで胃捻転を起こし、救急病院へ。何とか助かりました。日本に戻ってくる時、グレーター・スイス・マウンテン・ドッグ(GSMD)をケンタッキー州のブリーダーさんから購入。3人連れて日本に帰国。しかし、三女犬のGSMDは5歳で癲癇発症。今7歳4ヶ月ですが、フェノバール3錠ずつと臭化カリウム1包飲んで、やっと発作を止めている状態です。しかし、長女犬のシェパードは、今年の3月15日に12歳と1ヵ月半という寿命を終えてしまいました。とってもおてんば娘でしたので、絶対バディ君タジタジしてると思います。バディ君の最期のお写真、うちのショパン(長女犬)とそっくりなんです。それに、胃捻転、癲癇、そして渡米していた・・・っていう条件があまりにも似ていて、ただ、胃捻転は、多頭飼いだったので、知識が全くなかった私でも気付く事ができたんです。食後きちんと3時間休ませていたにもかかわらず、バーニーズのワグナーにおきました。うちのショパンは女の子にもかかわらず、47kgあり、遠くから見ていた人はみんな男の子と間違えられていました。老衰でしたが、それでも悲しいのです。お察しいたします。こんなに遅くコメントをすみません。ずっと書こうか否か考えていたものですから・・・バディ君、ショパンをよろしくね。アメリカでの話でも二人でしていてくれると嬉しいです。
2011-08-22 月  06:46:29 |  URL | 畠聡子 #- [編集]
はじめまして。
コメント、ありがとうございました。
ホント何か似たような状況で少し驚きました。
GSMDちゃん、薬で発作が抑えられているんですね。このまま発作が起きずに、そして薬の量が少しずつでも減らせると良いですね。
それにしても、3頭、しかも大型犬をアメリカから連れて帰るのは大変だったでしょう。うちはバディだけでしたが、それでもいろんなことにかなり気を使いました。国内線(成田-福岡)の飛行機がそれほど大きいやつではなく、うちのバリケンが載らないということで一悶着あり大変でした。

ちなみに、初めて聞いたグレーター・スイス・マウンテンドッグ、すぐググりました。笑

チンピラバディを押さえ込めるのは強い女の子だけなので、あちらできっとショパンちゃんにお世話になっているはずです。
2011-08-25 木  16:19:57 |  URL | BP #- [編集]
はじめまして
今日、初めてこちらのブログを見させてもらいました。
ブラックコングのことで検索していたら、こちらを見つけました。
シェパードだったので、わぁ!綺麗な子!!と思い、その日付の前後などのブログもみさせていただき、うちのシェパードと年齢が近かったので、お知り合いになれたらなぁと思いながら見てました。
そして最新のブログを見させていただいて、初めて見させていただいたのに、涙が止まりませんでした。
バディーくん、とても綺麗な子で、ブログを見ていると、とても愛されていたと言うのが伝わってきました。
素敵なブログですね(*^^*)
悲しみは消えないかもしれませんし、私が言うのも変な話ですが、バディーくんの幸せそうなお写真がいっぱいで、ほっこりしました(*^^*)
まだまだ寒いので、お身体に気を付けてお過ごしください。
いきなりのコメント、失礼しました。
2012-03-06 火  20:50:03 |  URL | なち #1IMF7sUo [編集]
はじめまして。コメントありがとうございました。
少しですがブログ拝見させていただきました。うちのより1歳(?)年上のAshさん、まだまだ元気いっぱいのようですね。シェパ写真を見ては「いいなぁー」と思いながら拝見させていただきました。
2012-03-07 水  09:39:16 |  URL | BP #- [編集]
てんかんの薬を調べていて、こちらのブログにたどり着きました。我が家のゴールデンレトリバーは昨年の夏に、脳障害で倒れ、後遺症のてんかん発作と戦っています。かわいいバディ男♪に癒され、勇気をもらいました!!ありがとう。先月から、発作の間隔が週1なので辛いですが、よくなることを信じて頑張っていきます。

2012-06-09 土  23:08:38 |  URL | フリーママン #- [編集]
コメントありがとうございます。
発作が起きているときはどうすることもできないし、本当に辛いですよね。しかも、週一とは。
早く合う薬が見つかって、発作が治まることを願っています。
2012-06-11 月  18:45:40 |  URL | BP #- [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-09-08 日  18:56:08 |  URL |  # [編集]
コメントありがとうございます。
鍵コメさんの方こそ大変だったんですね。ご冥福をお祈り申し上げます。
2013-09-10 火  19:25:04 |  URL | BP #- [編集]
大変遅くなりましたがバディー君のご冥福をお祈りします。いきなりのコメント失礼します。何年も前からずっとバディ君に会いにきていました。コメントは初ですが。亡くなったことを知った今でも昔のバディ君のお写真を見に訪問させてもらっています。我が家にも雄のシェパがいましたが、5年前に腎不全で旅立ちました。バディ君に似ていました。今でも忘れることはできなくて毎日一緒にいる気持ちです。これからも訪れるのでできればこのブログをずっと残しておいてほしいと願います。
2014-01-23 木  21:59:30 |  URL | ジャックママ #- [編集]
コメントありがとうございます。こんな単なる親バカ、犬バカブログでも見ていただけるのは本当にありがたいことです。自分自身でも時折見ては懐かしさに浸っております。今の段階ではブログを閉鎖するつもりはありません。新しい記事は何もありませんが・・・
2014-01-25 土  09:40:53 |  URL | BP #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/11/05 05:55 |  | - 管理人の承認後に表示されます



Copyright © 再び海を渡ったシェパード、バディ男くん All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。