スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ペットランキング



スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

びっくりはグッタリ

ガウ犬バディの散歩コースは、他のワンコ次第でいろいろ変わる。

前方にワンを発見したら、その手前で曲がったり、反対側の歩道に渡ったり。

でも、ある程度距離が離れていたら大丈夫だったり、路上駐車の車の陰で相手のワンが見えなければ大丈夫だったりする。

近所には結構ワンコがいて、朝、大体同じ時間に散歩したりする。
だから出くわす確率が高い。

いつも会う近所の白人の太った男性は、バディがガウ犬であることをわかっていて、出会った時は、
「Hi, Good morning!!
大丈夫、僕たちはここにいるから、今のうちの行って。」
とか、車の陰で死角になるようなところで待ってくれたりする。

怖いのは、

「出会い頭」

今朝、散歩中、曲がり角から、いきなりノーリードのフレンチブルが飛び出して来た。

飛び出して来たと思ったが、よく見るとフレキシリードだった。

ビックリしたバディ男は、吠えかかると思ったが、耐えた。

Uターンしようと思って、反対側を向いたら、Gレトリバーがすぐそこまで迫って来ていた。

( ̄Д ̄;) ガーン

最悪の状況だ。。。

残された道はひとつ。

車道を渡るのみ。

車道を渡って、反対側へ移動してことなきを得た。
(コミュニティ内の道路なので、交通量はほとんどない。)


が、その数分後、

今ままでも何回か遭遇したことのあるセントバーナード(Mixかも)が目に入った。
しかも、今朝はウンチングスタイル、だけどノーリード

バディ男に気付いたそのセントバーナード君、ウンチもそこそこに一目散にバディ男目がけてダッシュ。

飼い主は、慌てて名前を呼んで呼び戻しに必死だけど、聞く耳持たず。

あっという間に、バディ男のところへ。

突然のことで、ビックリのバディ。

もちろん、吠えかかって臨戦態勢。

でも、足腰が弱っている今、争いを避けようとする飼い主BPに引かれて腰砕け状態のバディ男は、セントバーナード君に噛み付かれた。

やっと、駆け寄って来たその飼い主はセントバーナード君を引き離すのに必死。

いつも、そんなにアグレッシブには見えなかったのに・・・


たまに、ノーリードで散歩している飼い主を見かけるが勘弁して欲しい。

万が一の事故が起きたら、お互い不幸になる。
08091902.jpg
散歩で肉体的にも精神的にも?疲れ果てた?バディ男



banner_02.gif
ペット(犬)ランキング [人気blogランキング]

↑1日1回ポチッとバディ男に応援クリックをお願いします。



人気ペットランキング



今日のBuddy | 【2008-09-20(Sat) 13:11:44】 | Trackback:(0) | Comments:(10) | [編集]

コメント
アメリカでもマナーの悪い飼い主はいるんですね。i-180
ケガはなかったのですか?かわいそうに。
公道はドッグランじゃないんですから、ノーリードは絶対やめてほしいです。
セントバーナードでノーリードなんて「ふざけるな!」くらいの怒りです。i-191
どうにかならんもんですかねぇ。i-181
2008-09-20 土  22:54:47 |  URL | おかあさん #- [編集]
>突然のことで、ビックリのバディ。
>もちろん、吠えかかって臨戦態勢。

バディ男君のこの行動は当然ですし、普段アグレッシヴじゃない犬でも相手が戦闘態勢に入ったら、“お、やんのか?”ってなるのも当然。  それが犬という動物であって、そこを飼い主達はしっかりとマネージメントする責任があるのです。

公道でノーリードにするバ○飼い主は、『いつもうちのはフレンドリーで...。』とか、謝罪の前に言い訳をします。  『公道でのノーリードは言語道断です。  全ての犬がフレンドリーというわけではなく、公道でのノーリードは全くもって思慮に欠ける行為だと思いませんか?』 と.....はぁ.....もう、こう何度言ったか知れません(_ _;)。    
2008-09-21 日  02:03:39 |  URL | ilife320 #/9fIm4kY [編集]
かわいそうなバディ男君。フレンチブルで絶えたバディ男君がいじらしいです。
吼えたのも当然です。セントバーナードでノーリーシュはちょっと人間性を疑いますよね。もちろん大きさだけではありませんが、セントバーナードってリードがあってもちょっとびっくりするくらいの大きさですよ。
呼び戻しが120%聞いたとしても私はノーリードにはしませんね。

飼い主の教育がほんとに大事だと思うこのごろです。

2008-09-21 日  11:46:04 |  URL | 梅将ママ。 #- [編集]
バディ男くん、怪我はなかったですか?
ノーリードは本当に勘弁してほしいです。
犬に襲われるとますますアグレッションをひどくなってしまう可能性もありますよね。

フレンチブルを耐えたバディ男君は偉かったです。
2008-09-21 日  14:00:17 |  URL | mami #- [編集]
アメリカでもどこでも人それぞれだなあと感じます。
今のところに引っ越す前は、ノーリードの犬はほとんど見かけなかったんですが、今住んでいるところの近くでは、たまに見かけます。
そのほとんどが、「自分の家の前の歩道でちょっとだけだから」くらいの感覚なんだろうと思います。
今住んでいるところと以前の家は、車で5分くらいの距離で、もちろん、同じ市です。
だから、今の家の周りはたまたまそういう人が多いんだろうなと思います。

ちなみに、今回の件の飼い主は、アジアンの20代くらいの男性でした。
今までに何回かその男性の奥さんらしき人が、フレキシリードで散歩させてるのには出くわしたことがありました。

あっ、怪我は大したことありません。
2008-09-22 月  02:39:18 |  URL | BP #- [編集]
とりあえず、
「ごめ~ん」な感じの「Sorry」はありましたが、何せ捕まえるのに必死でした。
そして、捕まえて引き離してからは、
「ごめ~ん。捕まえてるから、大丈夫。早く行って」
とか言ってたような・・・
すいません。英語力(特に聞く力)が限りなくゼロに近いもんで。>_<

お尻をガブッとされただけだったので「あっこれくらいなら全然大丈夫やな」と思って、
「いつも繋いどけ」と言って(通じたかどうかはわかりませんが)、逃げるようにその場を立ち去りました。

帰ってみたら、左後ろ足も咬まれたのかどこかで擦ったのかわかりませんが、少し血が滲んでました。
2008-09-22 月  02:41:19 |  URL | BP #- [編集]
このセントバーナード(Mixかな)、そんなに大きくないんです。と言ってもバディよりちょっと大きいくらいだと思います。
ま、いずれにしても、ノーリードは勘弁して欲しいですね。
2008-09-22 月  02:42:17 |  URL | BP #- [編集]
怪我は大したことありません。
ほんと、今回の件で、ますますアグレッションがひどくならなければいいなと思っています。
最近、息子KAN曰く、「かなり近い距離でも小型犬なら高い確率で我慢できるようになってきた。」らしいので、特にそう思います。
2008-09-22 月  02:43:03 |  URL | BP #- [編集]
うわ…災難でしたね。
噛まれたところがひどくなくて、よかったです。
ノーリード犬が走って向かってくるのって、怖いですよね~(汗)
相手の飼い主さん、これで改心してくれればいいですけど…。
2008-09-22 月  12:07:01 |  URL | ブラウンバニー #bfksjZRg [編集]
はい、でも怪我は全然大したことないんです。
ただ、これで余計にガウガウ度がアップしなければいいなあと思っています。
公道でのオフリーシュはほんと止めてもらいたいです。
2008-09-23 火  02:42:33 |  URL | BP #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 再び海を渡ったシェパード、バディ男くん All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。