スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ペットランキング



スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

小さな命を救いたい

過去記事『のんびり過ごす Apr.07.08』で書いたが、本を読んだ。

08040702.jpg
何?なバディ男


小さな命を救いたい―アメリカに渡った動物のお医者さん 獣医師 西山ゆうこ 著
アマゾンでのレビューは6件ですが、☆5つが6人です。

※この本は、『てんしっぽ不妊手術基金』岩本真利子さんの提案で、最初わずか1000部の自費出版からスタートしてます。その後、出版社から話があり増補されてます。

(本書あとがきより)

この世に一匹たりとも無駄な命などない。なのに、保健所では毎年おびだだしい数の
命が、何の罪もない健康な命が殺されている。
私たちにできることは唯一つ。不妊去勢手術をしてほしい。
そしてそれが、ペットに対する最大の愛だと思う。
私一人ではどうすることもできない。でも、みんなが協力すればきっとできる。 
保健所で殺される命がゼロになる日まで・・・






いろいろあってアメリカに渡られた先生の人となりや「小さな命を救いたい」という熱い思いが十分伝わって来ます。
また、不妊去勢手術の必要性・重要性がわかりやすく、丁寧に書いてあります。
「不妊去勢手術はかわいそうだから・・・」とか「手術のリスクが・・・」とか思われている方は是非一度読んで見て下さい。
不妊去勢手術は不幸な命を作らないばかりではなく、自分の愛犬愛猫にとって病気のリスクを軽減する大変有意義なことであることがおわかりいただけると思います。


08040703.jpg
僕はこの先生に診てもらってます。



08040707.jpg


真ん中のやつは『Saying Goodbye―Dr.ゆう子の動物診療所

(本書あとがきより)

犬と猫は、人間の4倍のスピードで歳を取る。
出会ったときは子犬、子猫だったかもしれない。一緒に生活する時は、「我が子」のようにかわいがった事だろう。だが、やがてペットたちにも老化が表れ、あるものは老い、あるものは病気になり、死を迎えることになる。
(中略)
 私たち飼い主は、そんな自分のペットの最期を看取る時、どう対処してよいか、悩み、苦しむ。
 それは、ペットの最期についての情報があまりにも、少なすぎるからであると感じている。
 インターネットを見ると、「うちのワンちゃんの最期はこうでした」という体験談はたくさんあるが、医学的、科学的な見地からのコメントは少ない。
(後略)


これは先生が診察室で出会った人とペット達のお話です。

08040708.jpg


左は『アメリカンドリーム (JULIAN READ BOOK)


banner_02.gif
ペット(犬)ランキング [人気blogランキング]

↑1日1回ポチッとバディ男に応援クリックをお願いします。





人気ペットランキング



スレッド:ペットの健康・病気・怪我|ジャンル:ペット
犬関係の本 | 【2008-04-22(Tue) 11:03:34】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

コメント
一冊持っています。  BPさんがご紹介されている本は持っていないのですが、機会があればぜひ読みたいと思っています。  楽○ブログでお世話になっているPETCOさんの愛犬の主治医も西山先生だそうです。  PETCOさんは腕利きのトレーナーさん(ビヘイビアリストさん、もしくはウィスパーとお呼びした方がいいかもしれません^^。)です。  BPさんとPETCOさんのお宅、結構お近くなのかもしれません^-。  
2008-04-24 木  12:45:39 |  URL | ilife320 #dxqOAIRc [編集]
おおおっ、持ってらっしゃいましたか。
私はこっちに来てお世話になるようになってから本の事を知りました。
どんな先生なのか、書かれている本を読めばよくわかるだろうという事で、すぐに注文しました。
毎日、保健所やシェルターなどで奪われている何千何万という健康な命を何とか救いたいという気持ちで「不妊去勢手術」の啓発に尽力されている先生です。

PETCOさんとこの愛犬もそうなんですね。
実は、うちは病院からは結構離れているんですよ。
残念ながら、何かあってすぐ連れて行ける距離じゃないんです。
だから、PETCOさんところとも離れているんじゃないかと・・・
お近くなら、うちのガウ犬もお世話になりたいところですが・・・ ^^;
2008-04-25 金  02:08:47 |  URL | BP #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 再び海を渡ったシェパード、バディ男くん All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。