スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ペットランキング



スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

突然倒れる。

2006年6月18日、夜11時過ぎ。

テレビでは『2006 FIFA World Cup Soccer』
日本対クロアチア戦の映像が流れている。

突然、庭で大きな音が!!

「これはなんかあったぞ。」と、
すぐわかるくらいの大きな音で、KANが慌てて庭に飛び出した。

その直後、「とうさん、バディが!!」と叫ぶ。

急いで、庭に出てみると、大きな体を横たえたバディがいた。

呼んでも反応しない。

何回か呼んだ後、すっと立ち上がった。

すぐに、いつもお世話になっている訓練所に電話した。
「すぐ、行きます。」との返事。

訓練士の先生、二人が5~10分で到着。

とにかく息が荒い。
体温を測ってみたら39.3度。

軽い熱中症か?

念のため、病院へ。

まだ、少し息が荒いが、特に異常はない。


この日は、夜、涼しくなったので、病院から帰って、外で過ごさせた。




2006年9月9日、夜7時半頃。

この日は蒸し暑かったので、昼前から家の中(クレート)でエアコンかけて涼しくしてた。
夕方、雨も上がり涼しくなったので、散歩に行く。
気温もかなり下がってきたので、外で夕食までくつろがせる。

その間、BPはシャワーを浴びる。

そのシャワー中にBuddy-mamaが
「バディが! バディが!!」と叫んできた。
Buddy-mamaによると、かなり大きな音がして倒れてたらしい。
呼んでも反応がなかったとのこと。

慌てて飛び出すと、そこには興奮したバディが。
BPの口元目掛けてジャンプしたり、水をがぶ飲みしたり・・・

そのうち、口をガクガクさせて、崩れ落ちるように倒れて、硬直して痙攣。
瞳孔は開いて、呼んでも無反応。

心臓はバクバク。でも、Buddy-mamaに「電話!!」と言ってた。

しばらくしたら(相当長く感じたけどおそらく1~2分)起き上がってまた興奮。

とにかく、病院へ連れて行く。(夜8時ごろ)

涼しかったので暑さが原因ではないなと思う。

体温も心音も血液検査も異常なし。

病院に着いた頃には落ち着きを取り戻して、先生と話しているうちにうとうとしてた。
痙攣で体力を使ったのかも・・・


6月のも軽い熱中症かと思ったけどひょっとしたら同じで・・・




癲癇(てんかん)


ではないかと言う話だった。




2006年9月10日、朝8時半頃。

昨晩はリビングのクレートで寝せて、BPはその横で寝た。
バディが寝返りを打つたびに、ビクッとして起きる。

朝、5時過ぎ、シッコに出す。
調子も良さそうだし、涼しくて(というか寒いくらい)気持ちがいいのでゆっくり散歩(20分くらい)。

帰ってきて庭でくつろぐ。
7時半頃、食事。

その後、庭でくつろいでいるときに突然倒れて発作(痙攣)がきた。(1~2分くらい)

発作が起きているときは意識がなくて、もう、こっちはなす術がなくて、ただ、オロオロするだけ。

また、すぐ病院に電話して連れて行った。(朝9時前)

いろいろ話を伺った。


実は、8月終わり頃、庭のウッドデッキの下で昼間、バディが暴れたいたとBuddy-mamaが話したことがあった。(BPの留守中)
呼んでも出てこなかったとのこと。

スズメバチが庭に出没したこともあり、ハチと格闘してのでは?と思ったりしていたが、今思えばそれも発作だったと思う。




で、昨日発作が起きて今朝も起きたので、投薬治療しようと決めた。
けど、本当にそれがいいのかどうかもわからん。副作用もあるらしいし・・・

薬で治るのではなくて、発作を出にくくするくらいしかないみたいやし・・・

これからどうなるのかとか、いろいろ考えたらよく寝れん。


来年のブログ再開を目指して頑張ってましたが、こんなことになり、急遽、治療に必要な発作の記録のために書くことに・・・。
不定期です。また、事情により突然やめるかもしれません。






人気ペットランキング



癲癇(てんかん) | 【2006-09-10(Sun) 23:24:25】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

コメント

とりあえず復帰ですね.(祝辞は言えないですが..)

うちの犬もてんかん持ちです.
なってからもう7年ほど経っていますが健在ですw

基本的には薬で抑えるしかないのですが,ちゃんとのませていれば滅多に発作はおきません.
但し,年に2回ほどは薬が効かないほどの大発作があります.ここ3年ほどはそのたびに危篤になってしまいます.(もう15歳過ぎなので..)

看てあげれるのは飼い主しか居ないのでこれからも大事にしてあげてください.
(大型犬だと薬の量も多く色々大変かとも思いますが..)

#発作直後の意識が朦朧としている間は間違って噛まれたりするので注意してください.
2006-09-19 火  12:53:14 |  URL | からし #hQj64OLw [編集]
コメント、ありがとうございます。
薬が合って、発作が来ないことを祈るばかりです。
やはり、発作を見るのはつらいですから・・・
もちろん、副作用もなければ一番なんですが・・・
2006-09-19 火  16:42:46 |  URL | BP #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 再び海を渡ったシェパード、バディ男くん All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。