スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ペットランキング



スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

ちょっとおかしい

2006年9月11日~13日

日曜の朝(9/10)の発作が最後でまだきてない。
でも、なんかいつもと様子が違うことがちらほら・・・

060916_03.jpg


それが、病気(癲癇)によるものか、薬の副作用によるものかわからんけど・・・
まあ、たぶん薬の副作用じゃないかと思う。


1.かなり分離不安になった。
土日、ずっと家の中(クレート)にいたせいかもしれんけど、庭にバディを出してBPが家に入ると、あり得んくらい、ずっと「クゥン、クゥン」鳴く。

2.舐めまくる。
BPの手や、フェンス、水用のステンレス製のフードボールをしつこいくらい舐めまわす。

3.吠えた。
BPにちょっと恐怖を感じたかのように、怯えて吠えた。手や服を噛んできた。
宅配の人が来たとき、いつもならその人に吠えるのに、そのときはその人じゃなくて、玄関から出てきたBuddy-mamaに吠えた。

4.散歩のとき、引っ張る。
やっと、他の犬がいないときはちゃんと横について歩けるようになってきたかなぁと思っていたのに、ここ2日の散歩では引っ張る。
そう強くではないが、テンションが高いというかなんと言うか...

以上、薬を飲みだしてからの変化。

なんか、狂ったりしたらどうしようとかいう不安も出てきた。
あいつが狂ったら誰も止められん。
精神的におかしくなることもあるのか?


倒れて四肢を痙攣させて、瞳孔が開いて、口の周りは泡だらけの意識のないバディを見るのは心臓がどうかなるくらい耐えられんが、それは病気として受け止めないとと思う。




人気ペットランキング



癲癇(てんかん) | 【2006-09-14(Thu) 23:06:06】 | Trackback:(0) | Comments:(7) | [編集]

コメント
こんにちは。はじめまして。
私も、シェパードを飼っていまして、以前からブログを拝見させて頂いておりました。
私の知っている癲癇の子(シェパード)も、投薬治療を続けていました。普段は薬で抑えられるのですが、飼い主の方が泊まりの留守をすると、夜に決まって発作を起こしました。不安が要因になっていたのだと思います。
そういう時は、発作が治まるのを見守るしかありませんでした。
治まったら、水を飲ませて落ち着かせるしか…。
ただ、癲癇が原因で狂ったり、精神的におかしくなったりはしませんでした。どうかバディ君を信頼してあげてください。もし狂ったら(ないと思いますが)、止めるのはもちろんパパさんです。
その子は、決して短命ではありませんでした。運動は控えていたと思いますが普通の生活をしていました。
少しでも参考になればよいのですが…。
2006-09-19 火  23:37:21 |  URL | ゼンノ #- [編集]
ブログの再開を楽しみにしていました。  ほとんど毎日覗かせていただいていましたが、こんな形で再開されて心苦しいです。

私の甥っ子の1人が癲癇持ちです。  Buddy君と同じ、まだ2歳で育ち盛りなので、これから回復する事だけを目標に頑張っていますが、発作時は一緒に居てあげる、大声で呼んであげる、見守る等しかなす術がないそうです。   犬の場合、側に居てあげるとしても、もしそれが不安を煽ってしまったら、咬みつかれる可能性があるので、Buddy君の安全(口周りを固定、異物の除去)はもとより、ご自分の安全をまず確保してください。  上記の1.2.3.4......どれも不安から来る行動です。   食生活の面も再考慮する必要があると思います。  

月並みですが、飼い主の心配はすぐ犬にはわかってしまいますから、落ち着いて頑張ってください。  Buddy君も頑張っているのです。   
2006-09-20 水  00:03:23 |  URL | ilife320 #/9fIm4kY [編集]
たびたび失礼します。  ブックマークしている動物の医療関係のサイトで癲癇の自然療法(克服したワンもいるようです。)のヒントとさまざまな改善策が載っているサイトです。  ご存知かもしれませんが食事面等でご参考になるかもしれません。

http://fighter.mino.net/?%E2%A1%E1%F2%A4%D8%A4%CE%BC%AB%C1%B3%CE%C5%CB%A1
2006-09-20 水  00:40:16 |  URL | ilife320 #/9fIm4kY [編集]
http://www.pwpwp.com/index.html
http://www12.plala.or.jp/jaa-blue/dekigoto/dekigoto_08.htm

はじめまして。いつも拝見していました。再開されたということでしたが、「闘病」ということで驚いています。
貼り付けたリンク先ですが、シェパードのHPを開設していらっしゃる人のサイトで実際に使用していた「イフ」という脳幹活性ペンダントのことが出ています。
私も、亡くなってしまいましたが、愛犬が病気(脊椎のずれから、脳神経等が傷ついたか、脳腫瘍かなんかではないかという診断でした。肝臓の数値も悪く、老犬だったので、麻酔をすることを避けた為、MRIなどの正確な検査はしませんでしたが・・・)の時これを知っていたら試してみたかったという物です。
ご参考になればと思います。
心労でご家族も大変だろうと思いますが、バディくんが安心できるよう不安を見せないでがんばってくださいね。
2006-09-20 水  10:08:57 |  URL | まみちゃん #- [編集]
コメントありがとうございます。
今は落ち着いてます。このままずっと、薬で抑えられればいいのですが・・・

雪の上に寝て撮った、走ってくるマリアちゃんが好きです。
2006-09-20 水  21:07:59 |  URL | BP #- [編集]
いつもありがとうございます。
いろいろ参考にさせていただきます。
本当は、こんなんじゃないサプライズをお伝えしたかったんですが・・・
2006-09-20 水  21:16:17 |  URL | BP #- [編集]
コメント、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
今のところ落ち着いているので、このまま行ってくれたらなぁと思ってます。
2006-09-20 水  22:31:10 |  URL | BP #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © 再び海を渡ったシェパード、バディ男くん All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。