スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



人気ペットランキング



スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]

北カリフォルニアの街

6日目:北カリフォルニアの街
走行距離:約44マイル=約71km(福岡から北九州くらい。)


前の日、暗くなってからカリフォルニアの州都サクラメントを通過して、オークランドからベイブリッジを渡ってサンフランシスコに到着。

ベイブリッジを渡ってサンフランシスコに行くのは有料、その逆、サンフランシスコから出るのは無料。
だから、サンフランシスコに入る時には料金所を通らないと行けない。

日本で言うETCみたいなやつを付けている車専用のレーンは全然渋滞なし。次から次へと車が通過して行く。
しかし、現金専用のレーンは、夜遅い時間だったにもかかわらずかなりの列ができていた。
ノロノロしか進まない。
そんなとき、隣のETCみたいなやつを付けている車専用レーンをすーーっとやって来た車が、窓を開けて、BPの車の前に「ゴメン、入れて」みたいな感じで入って来た。

南カリフォルニアでは、あまり割り込みはないけど、あったとしてもだいたいみんな入れてあげる。(そう感じているだけかもしれんが)

だから、このときも何も気にせず普通に入れてやった。

それからしばらくしてやっとゲートまで辿り着いて、橋代(4ドル?)を払おうとしたら、料金所の人が「いい。行って。前の車が払った」って。

まさか、見も知らない赤の他人がそんなことをするなんて思いもしないので、最初、何のことかわからなかったけど、一瞬考えた後、「ああ、さっき入れてやったお礼か」と気付いた。


これって、今思えばアメリカならではかも。

ちょっとしたお礼にチップを払うアメリカの文化かと・・・



10090804.jpg
5、6泊目の宿



10090901.jpg
長距離ドライブで疲れて?ベッドでくつろぐBPの側を離れないバディ男






10090902.jpg
このモーテルにあった芝生エリア


ここがバディ男の仕事場になった。
ここにいる間は、ここで大も小も問題なくできた。


10090904.jpg
サンフランシスコ名物、ケーブルカー


去年、サンフランシスコは行ったけど、そのときはムスメは日本で、こっちにいなかったので行ってない。
ということで、今回、イエローストーンの帰りにちょっと(じつはかなり)回り道をして寄ってみた。


写真もたくさんあるけど、去年のもあるし、しかも犬ブログなので省略。(面倒くさいだけだったりする)



"犬ブログなので"、とか書いてるくせにバディ男の写真が少ないような・・・



10090903.jpg
「ボクはどこでもよかです。みんなで車でお出かけなら」


毎度のことながら、車から降ろしてもすぐ車に戻りたがるバディ男。

昼間、サンフランシスコの街をあっち行ったりこっち行ったりして観光してこの日は終了。


次の日(7日目)は、「一気に帰宅」の予定だったけど、途中、女性陣のリクエストにより、アウトレットモールに立ち寄って帰宅。

7日目:北カリフォルニアの街~南カリフォルニアの街
走行距離:約470マイル=約760km(福岡から名古屋くらい。)



だらだらと単なるドライブの記録、終了。


これで、やっと日常のバディ男日記?に戻れる。

いや、戻れんかも・・・

ってか、日記になっとらんやったし・・・


<今日のおまけ>

10090905.jpg

フリーウエイを走っていためっちゃ古そうな車。



ペット(犬)ランキング [人気blogランキング]

↑1日1回ポチッとバディ男に応援クリックをお願いします。



スポンサーサイト
人気ペットランキング



スレッド:海外旅行記|ジャンル:海外情報
アメリカ話 | 【2010-09-26(Sun) 13:32:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ロッキー山脈西側の街から北カリフォルニアへ

5日目:ロッキー山脈西側の街~北カリフォルニア
走行距離:約800マイル=約1290km(鹿児島から小田原くらい。)


大はしたけど小はもう半日以上しとらんくせに、前記事のように床に転がってくつろいだり、こんな↓風にバリケンで爆睡したりのバディ男。


10090714.jpg


大はしたので、その辺りで小もするはずと何回もトライするが、全然せん。

これから、めっちゃ長旅なのに。

10090801.jpg
4泊目のモーテル6
ここは冷蔵庫も電子レンジもなかったけど、新しくてきれいだった。




10090802.jpg
ひたすら真っすぐな道をただ走る。

グレートソルトレイクの側を通り過ぎ、ボンネビル・ソルト フラッツ(Bonneville Salt Flats)という塩の平原の中を走るフリーウエイ

この辺り(Google map)


この塩の平原の上には、たくさんの車のタイヤの跡があった。
(フリーウエイを走っていて見える範囲に)

フリーウエイを走っていてタイヤの跡を見ると、「ん?オレもちょっとこの塩の上を走ってみようかな」的なノリで、このだだっ広い平原を走ってみたくなるんやろ。



でも、こんな↓看板も。
10090803.jpg




今回のドライブで最も長い距離を走った1日、北カリフォルニアの街に着いたのは夜の11時頃だった。




ペット(犬)ランキング [人気blogランキング]

↑1日1回ポチッとバディ男に応援クリックをお願いします。



人気ペットランキング



スレッド:アメリカ合衆国|ジャンル:海外情報
アメリカ話 | 【2010-09-25(Sat) 11:30:59】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

再びロッキー山脈西側の街で

4日目午後:モンタナ州南東部のWest Yellowstone~ロッキー山脈西側の街
走行距離:約371マイル=約600km(福岡から神戸くらい。)

昼頃、Grizzly & Wolf Discovery Centerを後にして、再びロッキー山脈西側の街を目指す。

目的は、以前、ムスメとKANがお世話になった○○先生に会うため。


10090708.jpg
待ち合わせ場所近くの教会

この日の段取りは、全部KANがケータイのメールでやり取りしていた。

待ち合わせ場所はSalt Lake Cityの「Temple Square」。

待ち合わせ場所に指定するには広過ぎです。○○先生。
代々木公園くらいあるし・・・(そんなにないか)

でも、ケータイがあるし大丈夫だろうくらいの気持ちだった。

待ち合わせの時間を過ぎて連絡してみる。
しかし、メールしても返事が来ない。電話しても応答なし。
最初は「車を運転中で返事できないんやろ」くらいの気持ちだったが、あまりに遅いので不安になる。

いろんなことが頭をよぎり不安な気持ちで待っているとき、知らない番号からKANに電話が。

○○先生からだった。

ホッとした。

何故、KANからの連絡に返事がなかったか、それは・・・


10090710.jpg
真ん中の横幅のある方が○○先生


ケータイを家に忘れたから。

あり得ん。

BP家はイエローストーンから、先生は待ち合わせ場所から1時間ほど離れた街から来るのに、一番大事なケータイを忘れるなんて。


だからKANからの電話は、誰もいない先生の家で鳴り続けていたことになる。

ケータイを忘れた先生は、KANの携帯番号がわからない。


では、どうやってKANの番号を知ったのか。それは・・・


実は、待ち合わせには先生と先生のお嬢さん、それに先生の従姉妹の3人で来ていて、その従姉妹の方のケータイから友人に電話をして、家に忘れたケータイの中のKANの番号を見てもらうように頼んだとのこと。

その友人は、先生の家の窓ガラスを割って家の中に入り、先生のケータイを探してKANの番号を教えてくれたらしい。

先生は「遅れてごめんなさい。ほんと、ごめんなさい。実は、かくかくしかじか・・・」
で、「友人は、窓を割って家に入ってるわ。はははっ。でも、いいの」

だって。


ま、でも、兎に角、会えて良かった。

近くのレストランで短い時間だったけど、再会を楽しんだ子供達。

本当にお世話になった○○先生にお礼が言えて良かった。


別れが惜しいけれど、仕方なく別れて本日の宿、Motel6へ。

日本大好きな○○先生、梅干し、漬け物からお菓子まで日本のものは何でも大好きらしい。
今度日本の美味しいものでも送ろう。

10090711.jpg
4泊目の宿、モーテル6でくつろぐ2人と1匹



10090712.jpg
4泊目の宿、モーテル6で超くつろぐ1匹



10090713.jpg
4泊目の宿、モーテル6でくつろぎ過ぎな1匹


<今日のおまけ>

10090709.jpg
観光客相手?かどうかわからんけど馬車

「写真撮らせてもらっていいですか?」と聞いたら、ポーズまでとってくれたおじさん。




ペット(犬)ランキング [人気blogランキング]

↑1日1回ポチッとバディ男に応援クリックをお願いします。



人気ペットランキング



スレッド:アメリカ合衆国|ジャンル:海外情報
アメリカ話 | 【2010-09-22(Wed) 15:05:04】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

イエローストーン国立公園その2

4日目午前:ワイオミング州、イエローストーン国立公園
走行距離:約161マイル=約260km(福岡からだと山口県岩国市くらい。ローカル過ぎ( ̄w ̄)  )

ビジターセンターのレンジャーさんに訊くと、熊やオオカミたちは朝早い時間とか夕方ごろからとかに目撃情報が多いとのことだったので、前の日は夕方遅く暗くなるまで探しまわった。

双眼鏡や高倍率のズームレンズを付けたカメラを構えている人達がたくさん集まっている所はだいたい何かしらの動物が観察できる。

前日もそんなスポットに行って、見ている人に訊いたら「熊がいる」とか「オオカミがいる」とか教えてくれた。
が、残念ながらうちのズームレンズ(300mm相当)付きのカメラでは、どこに何がいるのかまったくわからず。
フィールドスコープ(望遠鏡)を覗いている人に見せてもらったが、熊もオオカミも遠さ過ぎて、•(てん)程の大きさにしか見えず、「おおっ!!」という感動は得られなかった。残念。


で、この日は、早朝から目撃情報が多いいくつかのポイントを探しまわった。


10090605.jpg
Mule Deer? 普通にシカ。
まあ、そこそこ出会える。




10090608.jpg
Bull Elkか? シカの仲間?
これも、まあそこそこ出会える。



10090607.jpg
イエローストーンの主役? バイソン
あちこちにいっぱいおる。

↑はバイソン渋滞。

バイソン、デカイ。
最大で2200ポンド(約1トン)になるらしい。

夜、車で走っていて、道を渡っているバイソンに気付かず衝突でもしたらお互い酷いダメージを受けることになる。



10090701.jpg
何かの死骸にやって来たコヨーテ達
もう少し大きくなります。



10090702.jpg
右上のコヨーテが遠慮がちに眺めている先(左下)にいるのは何?
もう少し大きくなります。

左下の赤○の中にいるのはコヨーテなのかオオカミなのか?


10090715.jpg
左下の赤○の中のやつを拡大してみた。

首に発信器みたいなものが付いているようにも見えるが・・・

どっちやろ?




ちなみに、これ↓は本当にオオカミ。

10090704.jpg



これ↓も本物の熊。
10090705.jpg

でも、野生じゃない。

Grizzly & Wolf Discovery Centerにいる奴ら。


で、結局、野生の熊とオオカミ(これは不明やけど)に出会えなかったKANとBPは、どうしても間近で熊とオオカミを見たくて、車にバディ男と女性陣を残して、Grizzly & Wolf Discovery Centerに立ち寄った。




<今日のおまけ>

10090707.jpg

Grizzly & Wolf Discovery Centerの駐車場脇の空き地でうん○をするバディ男。

バディ男?

バディのわけがない。

やつは簡単にはせん。しかもこんな公共の場でノーリードなんて考えられん。

このシェパは、車からパッと降りて来て、勝手に小をして、そして大をしている。その間、飼い主は近くのテーブルに座ってのんびり休憩中。

羨ましい。




ペット(犬)ランキング [人気blogランキング]

↑1日1回ポチッとバディ男に応援クリックをお願いします。



人気ペットランキング



スレッド:海外旅行記|ジャンル:海外情報
アメリカ話 | 【2010-09-20(Mon) 10:38:57】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

イエローストーン国立公園その1

3日目:ワイオミング州、イエローストーン国立公園
走行距離:約219マイル=約350km(東京から名古屋くらいの距離)

前記事の写真でもわかったと思うが、今日の目的地は世界で最初の国立公園、Yellowstone(イエローストーン)。


この日は、今回の最大の目的(男チームの。女性陣はどうでもいいらしい。)、野生の熊とオオカミに出会うため、国立公園内をあちこち移動した。

そんなに移動したつもりはなかったけど、結構走っとる。


それだけ、ここは広いってことか。

10090601.jpg


手つかずの自然が広範囲に渡って広がっとる。


10090610.jpg




10090609.jpg
公園内にある滝。


公園内にはたくさんの滝、川が流れとる。そして、レイクも。


10090606.jpg
9月上旬なのに雪が・・・


10090602.jpg



そして、入れる温泉があるかどうか知らんが、公園内には温泉地帯も。


10090604.jpg


温泉天国、九州出身のBPには珍しくも何ともないが、とりあえず、観光、観光。


10090603.jpg
Old Faithful、間欠泉

オールド・フェイスフル・ガイザー - Wiki




10090706.jpg
BPが三脚にセットしたカメラのシャッター(タイマー)を押してみんなの横に行ったときの、「わーい、わーい、父ちゃん来たーーっ」なバディ男


まともに写真が撮れん。><


イエローストーン国立公園その2に続く(予定)




ペット(犬)ランキング [人気blogランキング]

↑1日1回ポチッとバディ男に応援クリックをお願いします。



人気ペットランキング



スレッド:海外旅行記|ジャンル:海外情報
アメリカ話 | 【2010-09-18(Sat) 10:51:14】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]

モンタナ州南東部の街

2日目:ユタ州、ロッキー山脈西側のある街~モンタナ州南東部の街
走行距離:約434マイル=約700km
(日本で言うと東京から青森くらい。)


2日目の午前中は前記事、午後から次の目的地に向けて出発。

またまたフリーウエイをただただ走る。

もちろん、途中、レストエリアやガソリンスタンドでトイレ休憩を挟みながら。

レストエリアは日本のパーキングエリアみたいなとこ(決してサービスエリアではない)で、場所によっては自販機やインフォメーションセンターみたいなものもあるが、基本、トイレしかない。あ、スペースは十分ある。芝生があってテーブルや椅子が設置してあったり・・・)

ガソリンは早め早めに給油しておく方が無難。
ここを逃すと、次は100マイル以上ないとかざら。

「もう少し走るやろ」と思っていたら、次のガソリンスタンドまではめっちゃ遠くて、結局、ガス欠なんてことに。
日本だとガス欠してもJAFを呼べばすぐ来てくれるから問題ないけど、アメリカのフリーウエイだとそう簡単に行かないことも。

南カリフォルニアのフリーウエイみたいに人が住んでいる地域を走っているフリーウエイなら、給油が必要ならすぐ降りればスタンドはあるし、万が一車が故障してもJAFみたいなやつを呼べばすぐ来てくれて何とかなるけど、田舎の誰も住んでいないような地域だとそうはいかん。

仮に携帯が圏外じゃなくて使えたとして、救援を呼んでも来てくれるまで何時間も待たないといけない。
ひょっとしたら「今日は無理。明日になる」なんて返事だとどうにもならん。

その間、車のトラブルの種類にもよるが、エンジンがかからんかったら・・・
しかも、そこがアリゾナとかネバダの灼熱、乾燥地帯やったら・・・

おお、怖っ。

ということで、アメリカの長距離ドライブには万全を期して出かけよう。

とか言いながら、万全を期して出かけんかったけど、無事、2泊目の宿に到着。


2、3泊目の宿も、もちろん犬OKのモーテル。(モーテル6以外では初の犬OKの宿)
モーテル6と違って、キッチン、ダイニングテーブル付き。

10090511.jpg
標高が高いのかお菓子の袋が膨れとる。



10090510.jpg
ゴハン待ちのバディ男

今回の旅では、一々バリケンを車から降ろして部屋に置いてみた。
少しでもバディ男が安心できるように・・・




10090509.jpg
ここでも普通に寛ぐバディ男

ま、バリケンがあってもなくても、みんなと一緒ならどうでもいいっぽい。


<今日のおまけ>

10090512.jpg

新車?のスクールバスを3台積んで走るトレーラー


ここは、アイダホ。フリーウエイの周りは、ほとんどが牧草地とジャガイモ畑か。



ペット(犬)ランキング [人気blogランキング]

↑1日1回ポチッとバディ男に応援クリックをお願いします。



人気ペットランキング



スレッド:アメリカ合衆国|ジャンル:海外情報
アメリカ話 | 【2010-09-17(Fri) 10:55:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

ロッキー山脈の西側の街

時間がないんで(面倒くさいんで)書くまいかと思ったけど、とりあえず個人的な記録として写真だけでもアップしとこうかと・・・

1日目:自宅~ユタ州、ロッキー山脈西側のある街
走行距離:約620マイル=約998km
(かなり走ったような気がしたが、日本で言うと九州は福岡市から富士山の麓の静岡県裾野市くらいまで。あまり大したことないなぁ。)


途中、ラスベガスで酷い渋滞に巻き込まれながらもとにかくフリーウエイ15号線をただひたすら北上するのみ。

予約していたモーテル6に着いたのは夜遅い時間で、周りの景色もよくわからんかったけど、星が無数にあることだけはわかった。


例によって、バディ男のトイレに、着いてから朝まで夜中に何度も連れ出す。

10090502.jpg

ここでは、大も小もできた。



10090501.jpg
1泊目のモーテル6



10090503.jpg
ロッキー山脈西側のある街

Travelodgeの看板が邪魔やけど、いい感じの建物が並ぶ通り。


10090506.jpg
名前は知らんが、ロッキー山脈の山の一つ



10090505.jpg
その麓にある某高校




10090507.jpg
その以前通った懐かしの某高校でジャンプするムスメ



10090508.jpg
そのムスメを呆れながら?眺めるバディ男

取り敢えず、降りたくなさそうやったけど降ろして、近くの芝生のある所を軽く歩いた。
もちろんトイレはせず、急いで車に戻った。


<本日のおまけ>

10090504.jpg

ユタ州で見かけたバイク乗りの人達、ほとんど全員ヘルメットしとらんかった。
アメリカでよく見るハーレー乗りのジーパンに革ジャンのヒゲはやした太ったおじさんも頭にはヘルメットじゃなくてバンダナ巻いとった。

ユタ州では、バイクに乗るのにヘルメットは必要ないのか?
ま、自己責任ってことか。



ペット(犬)ランキング [人気blogランキング]

↑1日1回ポチッとバディ男に応援クリックをお願いします。



人気ペットランキング



スレッド:アメリカ合衆国|ジャンル:海外情報
アメリカ話 | 【2010-09-16(Thu) 11:17:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]

野球観戦

昨日、無事5000km以上のドライブから帰って来た。ヘトヘトかも。

旅行記?は気分が乗れば(時間があれば)そのうち書くかも・・・書かないかも


で、今日は「Angels vs Mariners」戦を観に、Anaheim(アナハイム)のAngel Stadium へ。

球場には、松井、イチロー両選手が出場するとあって、日本人ファンが大勢。

10091101.jpg



今日は、9月11日。

10091102.jpg

試合開始前に全員で黙祷。


10091103.jpg
松井の19号ホームラン


10091104.jpg
イチローの6号ホームラン


試合はエンゼルスが7-4で勝った。

地元エンゼルスファンは大盛り上がり。


でも日本人ファンは、松井選手とイチロー選手がともにホームランを打ったので、勝敗とは関係なく大盛り上がり。


10091105.jpg
試合後の花火も大盛り上がりだった。



一週間、家族と一緒にドライブしたヘソ天バディ男は、今日は、家で留守番。

10082301.jpg






ペット(犬)ランキング [人気blogランキング]

↑1日1回ポチッとバディ男に応援クリックをお願いします。



人気ペットランキング



スレッド:カリフォルニアライフ|ジャンル:海外情報
アメリカ話 | 【2010-09-12(Sun) 15:54:23】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]

卒業

いつものことやけど、何日か遅れて記事を書いとる。

10061402.jpg
「ちゃんと書けぇ~~」



先日、KANが高校を卒業した。

卒業式用のキャップやガウンを注文せないかんやったのに知らんで締め切り日を過ぎてたりとか、とにかく、初めてのことばかりで知らんことだらけやったけど、取り敢えず無事卒業式を迎えた。


初めてのアメリカの高校の卒業式、撮った写真は100枚くらい。



10061601.jpg
会場は、近くの高校のグランド(観戦用のスタンドがある)



フットボールのグランドにステージ?を作って、椅子を並べてある。


10061603.jpg


体育館みたいなとこでやる学校もあるみたいやけど、KANの学校は屋外。

さすがカリフォルニア、雨が降ることなんて全く想定していない。もし雨降ったらどうするつもりやったんやろ。
って、どうするつもりもないか。考えてないはずやし。
ま、実際この時期降ることはまずないけど・・・


10061602.jpg
いろんな国の国旗が立ててある。


移民の国アメリカ、卒業生の祖国の旗がすべてあるのか?


10061610.jpg
式が始まる前から終わるまでこの炎天下で、黒い衣装を着て頑張ったバンド演奏の在校生たち



10061612.jpg
卒業生代表のスピーチ

後ろでお喋りしているのは教育委員会のメンバー。
ただ座って喋っていただけ。何しに来た?



色素の多い日本人と違って、白人は太陽に弱い。式典の最中でもサングラスは必需品か。



10061611.jpg
校長先生のお話


この後、日本で言う卒業証書授与。

日本では、担任の先生が一人一人名前を呼んで、呼ばれたら壇上に上がって校長先生から卒業証書を受け取る。
(卒業生代表がまとめてもらうケースもあるらしいけど)

ここでは、

係の先生二人が交互に、卒業生自身が持って来た自分の名前を書いた紙を受け取り、その名前を次々と読み上げる。
(卒業生のリストを持っているわけではなかった。)

呼ばれた生徒は別の先生から卒業証書のケース?を受け取る。(中身はない。本物の証書はあとで学校のオフィスに取りに行く。)


10061606.jpg
右端の黒いガウンの先生が渡された紙を見て名前を呼んでいる。
白いドレスを着たお手伝いの在校生の前にいるのが証書を渡す係の先生。



自分の子の名前が呼ばれたら、基本、歓喜の声を上げる。

「ジェフ~」「ピー、ピー♪」「イェ~イ」

10061605.jpg


ちなみに卒業式はチケット制。事前に申し込む。
卒業生1人につき6枚まで申し込み可能。(無料)
もしそれでも足りない場合は、さらに追加できるっぽかった。
そんなにと思うかもしれんが、両親、兄弟、祖父母、叔父伯母、実にたくさんの家族、親族が出席するらしい。

だから中には、そんなに必要ない人に事前に余分にチケットを頼んでもらう人も。



全員、卒業証書を受け取って席に戻ったら、いよいよキャップの中央から右側に垂らしているタッセル?を一斉に左側に。(これ、学校によって違うっぽい。)

そして、キャップを上に投げる。


10061604.jpg
この中のどこかにKANが(いるはず)



10061608.jpg
誰かの手を離れて上空に舞い上がるバルーン



10061607.jpg
トリミングしてみた。それにしてもきれいに写っとる。さすがLレンズ


10061609.jpg


最後、卒業生が退場して終了。

みんな、さっき投げたキャップをちゃんと拾って被っとる。


会場を出て、保護者や友人達と記念撮影。

その後、家に戻って着替えて、夜のGrad Night Party(グラッドナイトバーティー)に備える。
(このチケットは、昨年9月、新学年が始まって間もなく売り出された。ちなみに100ドル。高っ
その後、徐々に上がって行って、今月買った人は150ドル。
こっちは、基本、「今なら○○ドルよ。来月は△△ドルになっちゃうよ。早く買いなさ~い」とこんな感じ。)



夜9時学校集合、バス乗り込み開始。
場所、秘密。
学校に戻ってくるのは、翌朝5:30~6:30の間らしい。

夜10時頃、学校から電話連絡。
校長先生の声で録音されたテープやけど、行き先、緊急連絡先などのお知らせ。



夜通し楽しんで、朝6時半頃帰って来た。


ということで、とうとう高校生活が終わってしもた。


さあ、次は・・・


10061401.jpg
「遊んでばかりやなくて、ちゃんと勉強せぇ~~」





ペット(犬)ランキング [人気blogランキング]

↑1日1回ポチッとバディ男に応援クリックをお願いします。




人気ペットランキング



スレッド:アメリカ生活|ジャンル:海外情報
アメリカ話 | 【2010-06-19(Sat) 23:16:07】 | Trackback:(0) | Comments:(6) | [編集]

元日ドライブその2

『初日の出』の続き

帰りに、行くときはまだ陽が昇る前でひっそりとしていたJulianの町に寄ってみた。

アップルパイが名物らしく、道沿いにいくつかアップルパイのお店があった。
店に入ると、甘くて美味しそうないい匂いが食欲をそそった。


が、だいたいどんな味か想像できるし、何より『でぶっちょまん in カリフォルニア』 のPさんの感想がこんなんだったので、眺めるだけに。



10010108.jpg


こっち↓のお店も同じ
10010109.jpg


でも、なかなか雰囲気のある町でのんびり歩いて観光している老夫婦がいたり、赤○の中には

10010111.jpg


ポニーがいたり。



10010110.jpg
観光客を乗せて引くのか


Julian、何かいい感じ。



こちら↓は、道中、たくさんあった牧場の中の一つ

10010113.jpg

ちょうどバディのごはん(薬)の時間だし、

木陰はあるし、

何より

馬とごたいめ~ん

させてみたかったので寄ってみた。


最初は、相手のあまりのデカさにビビって2、3回吠えてみたものの、お馬さんたちは

「あんた誰? 遊びに来たの」的なのんびりモード。

バディが吠えても一切無反応。


相手が無反応なのでそれ以上ガウりはなし。

もっと激しくガウるかと思っていたけど、以外とすぐ慣れた。


10010114.jpg
でも、まだ微妙に距離が遠いバディ男


もう少し近づいて記念写真をと思ったけど、


10010115.jpg
何となく緊張して明後日の方を見るバディ男


ちょっとビビり過ぎやないと。


そうこうしているうちに、フードがふやけて

「ハイ,タベテ」


10010116.jpg

いつものように、あっ というまに平らげるや否や

「早く、車に乗せて」

で、帰路に。


帰る途中の1枚↓
10010112.jpg

「あれ? ここ日本?」

「これって日本の田舎の山道と同じやん。」

と思ってしもた。

違うのは車が右側を通っとるとこだけ。


とにかく、今年は(ってかいつもやけど)バディ男のガウガウを何とかしないと思っていたので、元日からバディ男にとっては良い経験になったかも。


banner_02.gif
ペット(犬)ランキング [人気blogランキング]

↑1日1回ポチッとバディ男に応援クリックをお願いします。



人気ペットランキング



スレッド:カリフォルニアライフ|ジャンル:海外情報
アメリカ話 | 【2010-01-03(Sun) 16:08:33】 | Trackback:(0) | Comments:(4) | [編集]



Copyright © 再び海を渡ったシェパード、バディ男くん All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。